FC2ブログ

横浜の動物病院スタッフが綴る「サム日記」

横浜市港北区綱島の動物病院「サムペットクリニック」のスタッフ日記です。

口内炎 

久しぶりの真夏日です。
とにかく暑い。
病院たちも、さすがに伸びています。

以前にもお話したことがあったかも知れませんが、
黒白のビッケは口内炎に悩まされています。
ここ数日は、口を開くだけで痛そうに悲鳴を上げ、
食欲もいまいちな感じです。

ビッケの持病である難治性口内炎は、珍しい病気ではありません。
年をとって歯石が付いた状態が続くことで歯茎が下がる歯槽膿漏とは違い、
根本的な原因は免疫異常であると考えられています。
猫エイズ猫白血病などのウィルスに感染しているちゃんにも多く見られる症状です。
生後数ヶ月から発症することも有ります。

消炎剤を使って痛みをごまかしながら何とかご飯を食べていたビッケですが、
限界のようです。
思い切って麻酔をかけて処置することにしました。
口内炎を刺激している歯を抜いてしまう処置です。

朝からご飯を抜かれ、なんだか違う雰囲気に戸惑うビッケ。
それを影から意地悪そうに見つめるミー
いじわる
「何が始まるの?」

どこか嬉しそうな様子です。
人の不幸は蜜の味
人の不幸は蜜の味。
いい根性してます。

そしてやっと抜けたビッケの歯。
あわせて9本を抜くことになりました。
ぼろぼろ
今まで、相当痛かったであろう真っ赤な口の中でした。
もっと早くやってあげればよかった395

ちなみに、猫は歯が無くてもさほど困ることはありません。
ご飯もしっかり食べられますし、
歯茎の状態にもよりますが、ドライフードだっていけます。

処置も無事終わり、ちょっとボーとしているビッケ。
つらいにゃぁ~
2・3日は痛いけど、楽になるからね。

難治性口内炎 猫エイズ 猫白血病 歯石

Comment

Add your comment

Designed by Akira.

Copyright © 横浜の動物病院スタッフが綴る「サム日記」 All Rights Reserved.