FC2ブログ

横浜の動物病院スタッフが綴る「サム日記」

横浜市港北区綱島の動物病院「サムペットクリニック」のスタッフ日記です。

脂漏性皮膚炎のこと 

こんにちは、獣医師の大塚です。

今日は雨の上に気温も高く、不快指数高めですね(T_T)
いかにも台風といった天候です。

湿気でらんちゃんの皮膚炎が酷くなりそうなので、シャンプーをしてもらいました。
IMG_2609.jpg

サッパリ。ペロッとして
IMG_2610.jpg

得意のドヤ顔(=∀=)
IMG_2608.jpg

部屋に戻ってミルちゃんを探すらんちゃん。
箱からジッと見られているのに気づきません(〃▽〃)
IMG_2611.jpg

ところでらんちゃんの皮膚病は「脂漏性皮膚炎」と呼ばれ、ペキニーズ、シーズー、レトリバー、コッカースパニエルなどに多く見られる病気です。

皮膚の脂質が過剰になり、脂を好むマラセチアという酵母菌が異常繁殖することで、マラセチアに対するアレルギー反応が引き起こされて強い痒みが発生します。

また、同時にブドウ球菌という細菌が同時に感染することが殆どなので、「皮脂の管理」・「マラセチアの管理」・「細菌感染の管理」・「アレルギーの管理」が全て必要な、かなり複雑な病気なのです。

幸いらんちゃんはいつでも治療可能な環境で暮らしているので、今の所酷い悪化はありません(*^_^*)








Comment

Add your comment

Designed by Akira.

Copyright © 横浜の動物病院スタッフが綴る「サム日記」 All Rights Reserved.