横浜の動物病院スタッフが綴る「サム日記」

横浜市港北区綱島の動物病院「サムペットクリニック」のスタッフ日記です。

ブービーの話 

こんにちは、獣医師の大塚です。

昨日あたりから金木犀の香りが漂い始めて、秋の雰囲気を感じます。
わんちゃんのお散歩をするには気持ちの良い時期ですね。

さて、前回は犬のもんちんの事を書きましたが、今回はもうひとりの子、ブービーの事を。

IMG_1310.jpg

私が最初の病院に勤めていた時に、患者さんから頂いた子です。
パグのブリーダーさんの家にペットとしていたマルチーズのお母さんから生まれました。
なので、パグ×マルチーズのミックス犬です。

もんちんと違っておっとり系で食いしん坊で、手のかからない子でしたが、12歳の時に骨肉腫(骨のガン)を発症して、
所沢に有る日本小動物がんセンターで上顎の左半分を切除する手術を受けました。

その後3年間元気に過ごしましたが、今年の4月に肺腫瘍が有ることがわかり、2週間後の4月28日に亡くなりました。
大手術を乗り越え、寿命と言える年齢まで生きてくれて最後も私の膝の上で看取ることができ、悔いは有りません。

ただ、ブービーは私が獣医師になった年からずっと一緒でしたので、大げさに言うと一つの時代が終わったような喪失感は有ります。
これからはミルクティとクララ、そしてもしかしたら今後新たに加わるかもしれない犬猫との獣医人生ですね(^-^)

Comment

Add your comment

Designed by Akira.

Copyright © 横浜の動物病院スタッフが綴る「サム日記」 All Rights Reserved.