FC2ブログ

横浜の動物病院スタッフが綴る「サム日記」

横浜市港北区綱島の動物病院「サムペットクリニック」のスタッフ日記です。

フィラリア予防の季節です 

皆さん、こんにちは。
日が長くなり、初夏の訪れを感じます。

この時期は、ワンちゃんたちが病院にたくさんいらっしゃいます。
なぜなれば、それは狂犬病予防接種とフィラリア予防薬スタートがこの時期だからです!

毎年恒例のフィラリアのご説明を今年は、サムペットクリニックの誇るご長寿ネコ(21歳)がご説明します。

みーはキャリア21年なのでお任せにゃ!
みー先生

?そもそもフィラリアって何?

フィラリアとは、ながーい糸状の寄生虫です。マラリアとかピラニアとは違うよ!

?どうやって感染するの?

フィラリア感染犬の血の中にはフィラリアの幼虫がいます。
その血を吸った蚊が、あなたの愛犬を刺すことにより感染してしまいます。

?どこに寄生するの?

幼虫は大きくなって成虫になり、最後は心臓に寄生します。ドキドキ。。

?感染するとどうなっちゃうの?

成虫のフィラリアが心臓の血管を詰まらせて、死んでしまう場合があります。いやにゃー

?予防は?

フィラリア駆虫薬を毎月1回5月から11月まで投与します。

?どうして月に一回なの?

フィラリア薬はすでに体に入り込んだフィラリアの幼虫を駆除するものです。
月に一回のお薬は、蚊に刺された後一か月分の感染した幼虫をまとめて倒しているのです。

?どうして11月までなの?
蚊がいなくなる頃はいつも忘れちゃうの。。


上でお話ししたように、蚊に刺されて感染した幼虫を薬で駆除するので、
蚊がいなくなった頃からもう一回薬を飲まないと、幼虫が成長して成虫になってしまいます。

終わりが肝心だにゃ!

?検査は?

血液を2,3滴とって去年の予防ができているか、成虫がいないかの検査をします。

?どうして毎年検査しないといけないの?

みなわんこは嫌がっているの知ってるにゃー。
しかし、フィラリアに感染していた場合にフィラリア薬を飲むとショックを起こす可能性があるため、
検査をした方が安心です。
嫌がるわんちゃんには、病院嫌いにならないようにちょびっとおやつをあげる時もあります!


?薬はどんなの?

錠剤タイプ、おやつタイプ、皮膚に垂らすタイプあります。
あなたのわんこにぴったりなタイプご相談しましょう。

いかがでしたか?

院内では時々みー先生が歩いていますので、わからないことがありましたらみーかスタッフにお聞きください。
忙しそうなみー
では、みーはそろそろ昼寝です。

今日もぽちっとなよろしくお願いします!
↓↓↓
↓↓↓
↓↓↓ 
ランキング
 



(み・す)

サムペットクリニック 動物病院 綱島

Comment

Add your comment

Designed by Akira.

Copyright © 横浜の動物病院スタッフが綴る「サム日記」 All Rights Reserved.