FC2ブログ

横浜の動物病院スタッフが綴る「サム日記」

横浜市港北区綱島の動物病院「サムペットクリニック」のスタッフ日記です。

もしもの時に備えて マイクロチップ 入れました! 

早速ですが、マイクロチップ をご存知でしょうか?

ペットの身元証明データ皮下に装着(注射)しておくことで、万が一、迷子になったときにリーダー(情報読み取り機)をかざせば、飼い主のデータがすぐ出てくるという、優れものです。

ペットの安全で確実(痛みがなく永久に脱落しない)身分証明の方法として、世界中で広く使用されています。

『確かによさそうだけど、うちの子逃走することないしぃ~、別に今必要じゃないかな~」と思って、
わたくしも様子見を決め込んでいましたが、ちょっとやばくないですか浅間山!!
災害時はペットも人もパニックになり、わんこ&にゃんこの迷子も増えるようです。
そんな時にもこれさえ装着していれば、より早く飼い主さんのモトへ戻ることができるかもしれません!!

で「『院長、うちの子2匹、装着お願いします!」と お願いして さきほど完了しました!!

ちょっと痛そう?&不安 だったんですけど、ぜんぜんあっけなかったです!

それでは手順をご紹介しますね。



これが背中の皮下にマイクロチップを入れる注射器です。針先はちょっと太いですね、
でもこれが、意外と痛がる子が少ないんですって。
micro1.jpg
金属の針のなかにマイクロチップが充填されていて、それを押し出して装着します。

micro2.jpg
チクッと一瞬です。 ちょっと出血することもありますが、指で押さえていれば止まる程度です。


装着は実にあっけなく、これでおしまいです。
では、早速ちゃんと読み取りできるか、試してみましょう!

micro3.jpg
これがマイクロチップのデータを読み取る機械(リーダー)です。
おっ、ちゃんとピピッと確認音が出ました! 完了です!


書類に登録データを書き込んでいきます。
micro4.jpg
このバーコードナンバーがこの子のIDになります。

犬種を選んで登録。(猫ちゃんのコード表もあります)
micro5.jpg


毛色も登録します。
micro6.jpg

飼い主の住所、氏名、連絡先など必要事項を記入して、登録料\1000を払い(自分で振込みに行きます)、支払い証明書を貼って郵送します。
micro7.jpg


これで登録までの手続きは完了です。 『登録完了通知ハガキ』が到着したら内容を確認してください。
もう迷子になることはありませんね!!
何時起こるかわからない自然災害に備えて、あなたのわんこ、にゃんこにも、つけてあげてみては
いかがでしょうか?
今なら、アンケートに答えていただくと、素敵な!?環境省のストラップ(非売品)が もらえます!
micro8.jpg





サムペットクリニック 病院 綱島 動物病院

Comment

Add your comment

Designed by Akira.

Copyright © 横浜の動物病院スタッフが綴る「サム日記」 All Rights Reserved.